単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 圧力鍋で炊く玄米ごはんの勧め | main | 私の宝物〜お客様からの贈り物 PART4 >>
生活防衛
JUGEMテーマ:エコライフ

酷くなる一方の税負担、不景気(収入減少)、物価高、光の見えない政治状況、・・とくれば庶民としては当然生活防衛に励むしか残された道は無い。

今日は日曜日、引越し屋としては当然実作業で忙しくしていなければならない日なのだが、自宅でのんびり?いえそれでもやらねばならないことはテンコ盛りなのです。

行きつけのスーパーは11時までの買い物で一括割引なので行きたかったが失念しておりました。
次の他の用事のついでに延期します。田舎住まいゆえかなりの距離がありますので。
在庫のものをいかに有効に利用し切るかという視点も大事です。

ガソリン価格が少し下がって来ましたが、デタラメ税制のおかげも有ってまだまだ高値。

外出の用事はとにかくまとめて済ませるようにします。

日常の買い物は、毎日その日に必要なものだけを最低限でするのが理想(特に生鮮食品)だが、我が家の場合は現実的では無い。

消費税増税を後悔させる為にも頑張る。こちとら貧乏には耐性が高いぞ!

そうそう、昔は良く行っていた店で今はほとんど行かない処、食べ放題と100円ショップ。
今思えば子供を連れて行ったのは後悔している。食育上良くないところだ。腹八分で帰ってこれるなら別だが、普通は無理をして満腹まで食べてしまう。食べ残しにも鈍感になり、食べ物の大切さが身につかない。食べるという事は動植物を何らかの形で異物として体に受け入れ、消化吸収し体に必要な別の物質に組み換えて自分の体の一部としてゆくこと。だから先祖代々食べ続けてきた食品は安全性が高く遺伝子組み換え食品なんてとんでもないし、偏ってもいけないし、量が過ぎれば滋養になるどころか内臓を害したり計り知れないところでバランスを崩すことも出てくる。高級店の場合は知らないが、普通はコスト優先の材料調達であろう。

100円ショップで当初は品揃えの多彩さに感動していたが、ある程度利用してみると寿命が短かったり、すぐに使わなくなってしまうものだったりで、本当に価値のあるものは極少ないと今は思う。日本人の雇用を奪うことにも繋がるといわれるし、少し高めの価格でも長く使える高品質な物を求めた方が良い場合が多いと感じている。

節電もだいぶ徹底してきた。2年前と比べれば1.5〜2万円弱減らしている。効果が大きかったと思えるのは、UPS3台の廃止(現役を退いた自動車バッテリー使用なので自己放電が多かったと思われます)、10数年使用の冷蔵庫の買い替え、洗浄便座のオンデマンド利用、防犯灯のLED化かな?
細かいところではルーターやFAXのオンデマンド利用、ノートパソコンのAC電源繋ぎっぱなしの取り止め、早寝早起き(これは特に徹底が難しい)、契約アンペアの引き下げといったところでしょうか。

昔は冬場の就寝前に寝室を暖房したり、乾燥機で布団をウォームアップしたりしていましたが、今は寝袋併用でその必要も無くポカポカです。寝袋は表面の素材が柔らかく伸縮性のあるタイプがお勧めです。封筒型?も良いかも知れませんが使った経験が無いので不明です。
寝袋はデスクワーク時の防寒、暖房費節減にも役立ちます。キャンプの時しか使わないのはもったいないです。


とりあえず今日はここまで。後日追記するかも知れません。2014.11.16

2016.07.27追記

この1年ほどはアベ政権の戦争法の問題に悩まされました。子や将来の孫達を戦場に送るようなことは絶対に有ってはなりません。

しかしこの国の大勢はマスコミの洗脳からなかなか抜けられません。大マスコミがこぞって政権寄りの姿勢では絶望的です。本来は監視役であるべきなのに。(今現在は特に沖縄県の辺野古や高江の基地建設問題が差し迫っています。遠い沖縄だけの問題では無く、むしろ本土側が更に基地負担を無理強いするのかという問題です。)

テロ多発や猟奇的な事件も気になりますが、経済の先行きも多難そうです。最悪の場合は多少の蓄えが有っても没収や目減りを余儀なくされる事態も考えねばなりません。最後の最後で頼りになるのは良好な人間関係だそうです。ご近所や親戚などと仲良くしておきましょ。

 

そうそう、最近ハマったものに、多機能ヨーグルトメーカーがあります。ヨーグルトはもちろん本格的な甘酒や納豆・・いろいろと手造りができます。甘酒は「飲む点滴」とも言われるそうです。夏にこそ飲むものです。一番初めに作って飲みました。しかし少し後悔。特に消耗しているわけでもない体に、多量に入れてはいけないですよね?既にブドウ糖までかなりの割合で分解されていて吸収が早いのだから、通常の食事とは違って急激に血糖値を上昇させるでしょう。美味しくできるのは確かですが、一度に結構な量ができるので適量を摂取するのが難しいかも知れません。嬉しかったのは豆乳ヨーグルトが簡単にできたこと。原発事故の直後の時期、玄米の持つ乳酸菌を培養して作っていましたが、常温管理なので成功したのか半分失敗したのか良く解らない代物を恐る恐る食べていました。

使い始めてまだ2週目くらいですが、他人様にお勧めしても間違いは無いと思いますのでリンクを張っておきます。タニカという国内メーカーです。すばる屋という直販サイトで購入・アンケート回答すると5年保証も無料で付けてくれます。余程の自信作なのでしょう。実際の製造も国内です。

 

良質の調味料(特に味噌、油、塩)、玄米食(2〜3分づき)、小食、旬の食材・果物、良質な睡眠。免疫力向上の為に色々とできることを積み重ねて来たのですが、一つ諦めてしまっていました。ぬか床です。1〜2年位かな、頑張ったけれど管理の大変さの割に美味しくできなかったのです。無農薬無化学肥料の糠で今度再挑戦します。

| 時事問題 | 23:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.hikkosi.net/trackback/961290
このページの先頭へ