単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 閑散期だからできるサービス | main | 確率論で片づけてはいけないこと >>
雨天と引っ越し作業
JUGEMテーマ:天気
引越し作業員にとりましては、雨天は天敵のようなものです。
交通事故確率の上昇、転倒によるケガの心配、荷物の破損・水濡れの心配、・・・??これって引越し業者に限らないかな?
いえ引っ越し作業は屋根の下で完結できる案件はまず有りません。雨の強さにもよりますが雨だけでも十分に作業の能率が低下し気分は暗くなります。その上時間に追われる状況が重なったら・・・と考えるだけでもぞっとします。
この時期の仕事は閑散期でちょうど良いのかな?

しかし他方で特に梅雨の場合はうっとうしさの裏側に隠れてしまう恩恵がいろいろ有ると思います。
もしも梅雨が無かったら、真夏の炎熱地獄にどこまで拍車がかかるか想像もできません。(極端な例ですが事故を起こした福島第一原発の作業員を思い起こします。防護服を着て構内に居るだけで消耗するような気温・湿度でしょう。)
農産物の出来も心配になります。
水不足の被害も起こるでしょう。
やはり梅雨も含めての日本の豊かな自然なのだと思います。

そうそう、ご予約いただいているお客様で予定日が雨天確定的だったら、もしお客様と当店の合意が出来れば無料で延期(別の日で実施)を承ります。(1週間先位までは天気予報が結構当たります)遠慮なくご相談くださいませ。

 
| 時事問題 | 11:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.hikkosi.net/trackback/961287
このページの先頭へ