単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< お客様、そんないい加減な見積もりで決めてしまって良いのですか? | main | 引っ越しユーザー様の勘や常識の功罪 >>
中央高速笹子トンネルの天井崩落事故
JUGEMテーマ:ニュース
  ニュースを聞いて思い出したことが有る。

最近は中央高速を走る機会が極少ないが、数年前には度々通る機会が有った。
その時に感じたのだが、他の高速道のトンネルに比べて路面の平滑度がかなり落ちたままな事だ。
おそらく継ぎ目の部分は余り沈まずに、その間の部分だけ使用期間に連れて沈んできているという感じで、規則正しく波打っていたのだ。

橋梁部などの渋滞時に良く分かるのだが、大型車が通行するとものすごく揺れる。
それだけの衝撃でトンネルの構造も揺さぶられ続ける訳ですから、当然天井をボルトで吊る構造ではとんでもない負荷が車の通行1台毎にかかる訳です。

路面が波打ち始めれば、悪循環で構造物疲労は増幅してゆくでしょう。

明らかに構造的欠陥+管理の欠陥が招いた人災と言えます。

なんとなく感じ取れる不安感はやはり大事ですね。
| 時事問題 | 11:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.hikkosi.net/trackback/961266
このページの先頭へ