単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< November 2020 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 元気の無い猫も・・・ | main | 医療機関の良否 >>
泥付き里芋を洗ってみて・・・
JUGEMテーマ:家庭


里芋は好物だが、妻が下ごしらえなどをするとアレルギーが酷いので、私が食べたくなると買ってきて調理することが多い。

里芋を下ごしらえしていると、まさに食とは「他の生き物の命をいただく」事だと実感する。
色々な虫や微生物その他の外敵と闘いながら自身の命を繋ごうとしているのが良く分かります。
そのまま植えれば芽を出して次の世代をはぐくみます。
少し腐りかけても、より大事な部分を守ろうとするかのようにバリヤの様な部分を境に敵の浸入を防いでいます。⇒蒸しあげるとペロッときれいに剝がれます。
| 環境、エコロジー | 15:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









トラックバック機能は終了しました。
このページの先頭へ