単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 「お客様は神様」 | main |
放射線量の連続測定(常に更新)

未だに最大関心事、放射線量の連続測定を継続中です。(事故から6年半経過で油断しておられませんか?)

各地のデーターと併せて参考にしていただけるかも知れません。

(ご注意:いずれも正確さの保証はございません)

熊本の小野医師のブログ「院長の独り言」のリンク先データー

測定器の販売元が取りまとめているデーター

当地のデーターが以下に表示されます。(空き地が多い田舎の戸建てミニ団地、木造の1階室内南側窓際外向き)

JUGEMテーマ:健康

※古い記述(測定器設置関係)はこの記事の続きに移しました。

◆2016年9月22日加筆

更なる節電を目指して、この空間放射線量連続測定システムも更新いたしました。

良く調べてみたら、旧型PCよりも新型PCの方が同じことを処理するのならば省エネ度が高いのです。

貧乏性からついつい古いPCから先に使い潰そうと考えてしまっておりました。

発想を逆転して、とにかく新しいPCにタスクを集中させて、古いPCを予備機としてスタンバイさせておけば良いのです。(最低限月一回のOSアップデートが必要)

これに伴いようやく気付いたのですが、ここ数か月の間にわたって肝心の上のグラフが更新できておりませんでした。アップロード先のサーバー設定が変わったのに、うっかり更新を怠っておりました。

比較的新しいマシンですのでバッテリーがまだ生きています。15分単位でAC電源ラインのオン・オフができるプログラムタイマー(機械式の安価なもの)を利用してバッテリー残容量が20〜80%位の間で維持できるように調整してみます。

念の為購入日を調べてみたら、既に3年使用でした!⇒という事は・・買い替えればもっと、いやいや節電だけのメリットでは元手の回収が不能でしょう。贅沢は禁物。今為すべきは、既に有るリソースをやりくりして改善すること。

経営者として回収の見込みの立たない投資は厳禁です!

※サイトのトップに表示させたいので、投稿日時は随時更新いたします。

GM-10の設置を目指す方に役立つかも知れない事柄

◆PCのマシンパワーは小さなもので十分です。導入コストや消費電力と動作音の観点から中古のノート型が現実的な選択になると思います。死蔵品の手持ちが有る方はお試しください。ネットに繋がない(データを公表しない)場合は古いOSのままでも観測は可能です。

◆私はWIN2000世代のノート型にXPをインストール(セキュリティ確保の為。ネットに繋ぎっぱなしなので、セキュリティ対策は重要です。)して、省電力設定を最大限(ディスプレイの電源オフ+HDDの停止)にしています。サーバーへのデータアップロードは1時間に1回位にまとめています。

◆東芝の古いPCですが、この夏の猛暑を自力(外部の放熱装置無し、エアコンも無し)で乗り切りました。IBMのXP世代のノート型はHDDがオーバーヒートしました。メーカーに依って、あるいは製品に依って放熱設計の優劣が有ると思います。24時間稼働させるには重要なポイントです。

◆GM-10の購入の際は、インターフェイスがRS232CのものとUSBのもの2種類から選びますが、RS232Cのものを購入して必要に応じてRS232C⇒USB変換ケーブルを国内で入手した方がムダが無さそうです。
品切れになる程の人気があるようで、アマゾンでも販売がされるようになりました。が、異常な高値を付けています。メーカーサイトの直販(個人輸入)はほんの少し面倒だが、圧倒的に安い。

◆たまにトンデモ無いピーク値が出現しますが、たぶん何らかのノイズではないかと思われます。
周囲の状況(風向き、震災瓦礫の焼却情報、福島第一原発など)に注意を払いつつも、異常なデータが現れた場合は一度PCの再起動をして見て再チェックした方が良いと思います。

◆小野医師の記事では「モニターは不要」との記述が有りましたが、OSの自動更新に依り再起動も自動で行われる場合が有ります。GM-10を稼働させるソフトウェアはその場合自動で起動することはできませんので、手動で起動することが必要です。頻繁に起こることでは無いので、その際にだけシャットダウン⇒モニターを接続⇒再起動としても何とかなりますが・・・。(最近のPCは起動したままモニターを脱・着できるかも知れません)いずれにしてもまめに測定結果を確認することが大事だと思います。
(2012.11.06加筆)小野医師はたぶん他のPCから遠隔操作をしておられるので、モニターが不要ということらしい。

◆2012/10/11加筆。
WIN-XPの場合ですが、スタートアップ項目にRAD(GM-10を稼働させるソフトウェア)のショートカットを入れることでOSが再起動しても自動的にRADも起動するように設定できました。

◆他の方が公開されているデータでグラフが水平の一直線の場合が有ります。おそらくGM-10を稼働させるソフトウェアは正常で、GM-10本体が正しく認識されていないのが原因です。色々な場面で使ってみて、USB接続は便利ですが接触不良によるトラブルが比較的起こり易いと感じています。断定はできませんが、この辺が関係している可能性が高そうです。RS232C接続はネジ止め式なのでその点は優位かと思います。一度接続したら外す必要は通常無いのでどちらでも選べる場合は、RS232C接続がお勧めです。
GM-10本体の入出力は元々RS232C規格なので、それをUSB規格に変換するプロセス・機器が増えると、エラーの素因がそこで増えることになります。

◆2012/12/17加筆
本体で表示されるグラフ画像がそのままアップロードされる仕組みの様です。ウィンドウサイズを調節して見易い状態にしましょう。デフォルトサイズで出てくる文字部分の重なりも改善されます。

◆2013/05/09加筆
セキュリティーソフトのバージョンアップにより、さすがにWIN2K世代のノート機では運用が出来なくなりました。WINXP世代にとりあえず交代しました。(MSのサポート終了で来年また更新が必要ですが)
2013/05/10追記
今回測定データのアップロード用のPCを切り替えてみて分かったこと。
1日弱の間1階のリビングで試験運用していましたが、その間の平均は2階での測定値より明らかに約0.01~0.02μSv/hr高かったです。窓も大きく、地面に近いのが原因でしょうか?

◆2013/11/20追記
消費電力を色々調べてみますと、古いPCと新しいPCでは結構差が有るようです。
新しいPCの日々の稼働時間が長い場合は、別のPCを測定専用に稼働させるのは不経済かもしれません。新しいPCを24時間稼働にしてこれにGM-10を接続して測定するのが消費電力の観点では良いのかも知れません。ハードディスクも回しっぱなしの方が寿命が延びるような情報がありましたし。(50度C以上の温度も寿命を縮めますが、冷えた状態からの起動もかなりストレスを与えるらしいです)

 

◆2014.11.16加筆
この測定を始めて2年強経過したのだろうか?
空間線量は当初と変わっていない。危険水準のままだ。
川内原発を筆頭にあちこちで原発が再稼働されようとしている。無知または目の前の利益に誘導され理性で行動できない政治家が原発ムラに協力。
どこまで愚かなのだろう?福島や周辺住民の苦しみは他人事で済むと思っているのだろうか?
アベが政治家とは嘘をつき民を騙すのが仕事とばかりに、悪しき見本を示しているのだから救いがたいとしか言いようが無い。
偶然に稼働中の過酷事故が起きぬままに全て廃炉を迎えてくれればだいぶマシだが、正常に稼働中であっても猛毒な放射性物質を少しずつ放出し続けることは確かだ。福井県の某自治体の首長の、自分たちの世代が豊かに暮らせれば、子孫の世代に障害者が大勢苦しむことになっても構わないというトンデモ発言、私は生涯忘れられないだろう。こんな人間のクズのような連中をリーダーにしているのは確かに選んでいる側にも大きな責任が有る。無知も罪だ。

◆2015.10.17 加筆
原発事故から5年経過(内部被曝による晩発性障害の多発が予測される時期)まで残り半年を切った。
来年を迎えることが正直なところ怖い。
私自身は人並み以上には警戒した生活を送ってきたが、徹底できない部分も多い。
事故由来の被曝によって寿命は確実に削られているとは思うが、定量的な把握は誰もできない。
不治の病などで余命の期限を明確に意識した場合に、かえってその限られた時間を最大限に有効に活用して輝かしい最期を飾る生き方ができる人もいるという話を聞いたことが有る。
余命が短かろうが長かろうが、与えられた時間を無駄に過ごしてはいけないが、余りにガチガチの窮屈な生き方も好きではない。
困難さが日に日に増すご時世だが、「生きていて良かった!」という体験をこれからも重ねてゆきたい。

| 健康、免疫力向上 | 15:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.hikkosi.net/trackback/961246
このページの先頭へ