単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
<< 笑いが欲しいときの「特効薬」 | main | 引越し時の手伝いは何名必要? >>
敷金と原状回復
旧居で引っ越し荷物の搬出が終わると、大家さん又は管理を請け負う不動産業者さんと2者で部屋を確認する必要があります。
中には“鍵だけ返してくれれば結構”と立ち会いをしない貸主もあるそうですが、その場合はあえてお願いして来ていただきましょう。

汚れや傷などはやはり貸主・借主双方がその場でどちらが負担すべきものなのかをはっきりするのが、お互いにベストのはず。

普通に生活をしていて年月相応に変化したものは貸主側が負担するのがルールです。契約書で特約として“いかなる場合もクロス・畳表・ふすまの張り替え・錠の交換を借主の負担で・・・”となっていても、あきらめてはいけません。借家法など関係法令に違反する契約条項はそもそも無効です。

敷金とは本来保証金を預けているだけであって、借り手に落ち度が無ければ全額返してもらって当然のものです。

黙って見ていると当然のように全て借主の負担で済ませる手続きが進みかねません。修繕費用の見積もりができてもよくよくチェックしましょう。
貸主側の負担とすべき事例(国交省が基準として明示)
家具の重みによる床のへこみ。畳の自然な変色。壁の画鋲による程度の穴。ハウスクリーニング。(退去の際は簡単な掃除で良い。磨き上げる必要は無い。)

その場で決着ができない様子なら、写真やビデオを撮っておきましょう。
正当な主張をして交渉がうまく行かないようなら、消費者センターや国民生活センターなどの力を借りる手もあります。
簡潔で上手な解説を見つけましたのでリンクをいれます。
毎日jpの記事へのリンクです。
みんなのニュース:敷金は返ってくる!
はい!報道部:絶えぬ「敷引」トラブル 返金ゼロ、借り手不満
リンクが有効な期間は余り長くありません。必要な場合はページを保存しておくと良いと思います。
| 引越し関連 | 21:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -









http://blog.hikkosi.net/trackback/822266
このページの先頭へ