単身引越業を独立開業した者の志と経営環境

「どんな引越し業者?」にお応えいたします

CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
確率論で片づけてはいけないこと
JUGEMテーマ:健康

その最たるものは健康や命が脅かされる場合だ。

国民の中のごく少数にしか影響が及ばないと思われる場合、行政はなかなか対応しようとしない。

しかし当事者となってしまった立場ではどうだろう?

同じ被害を受けた者が多かろうと少なかろうと関係無く重大な問題だ。

公害問題しかり、薬害問題しかり、ワクチン禍しかり、福島の原発事故被害しかり。

<身近な例>1年半ほど前だが、家族が病院の検査用薬剤でアナフィラキシーショックを起こし救命措置でようやく助かった。
担当医師は責任を全く感じていなかった。「薬には確率は低いが必ず副作用ある・・」のような説明だった。大したものだ、これで人の命を預かれるというのだから。
調べると慎重な医師ならば最悪の場合にも備えた体制を取った上で使うような薬剤だった。医師の無知か不注意か手抜きかのいずれかには違いない。
争っても同意書を取られているので無駄だろうと思い、また費用的には国の救済制度が有るとのことでしぶしぶ矛を収めた。
結果的に命は助かったが、状況が少し違えば助からなかったかも知れない。

<最近の例>子宮頸がんワクチンによる被害に苦しむ人々が増えているようです。ご注意ください。被害がかなり顕在化しているのに、いまだに推奨する医師や学者が居るという。自分たちの稼ぎの為なら何をしても良いと考えているのだろうか?接種をした医療機関に責任を問うても、因果関係を認めないようです。障害は重篤で、回復の見込みも立たない。全接種者数と被害の出た患者数との比率でみると重篤な副反応出現の確率は大きなものではないのかも知れません。
被害者は当然10代の女の子達です。治療法が見つかればまだ救われますが、今のところ存在しません。これから花開く一生を台無しにされてしまったかもしれないのです。
効果の程も怪しいレベルなのに、それでも大事な娘さんに接種させますか?

<原発事故>これも確率が低いからとタカをくくった結果です。しかも愚かなことに国会の場で明示的に危険性を指摘されていたのに、当時のアベ政権は対策を取らなかった。
福島の人々を地獄に突き落としておきながら救済もせず、何の都合か知らぬがまた原発を動かそうとしている。お気楽なものだ。次の事故が起こっても自分たちだけ逃げられれば良いとでも考えているのだろうか?

肥田舜太郎医師が仰っていた、「自分の身は自分で護ろう」という言葉。承服し難かったが現実論としては最も手堅い生き方のようだ。

 
| 安全、危機管理 | 20:15 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
冤罪事件は無くなりません
なぜか?
原因を作った人たちが全く反省しないからです。
表面的に謝罪するだけで、心中は全く悪いなんて思っていません。
裁判所なんで、「表面的に謝罪」さえ無かったりします。
うっかりミスでも何でもありません。自分達の都合に合わせた仕事の結果である「でっち上げ」は犯罪です。なんでそういう人達が裁かれずにのうのうと世にはばかっているのでしょう?

警察、検察、裁判所の3者の仕事の「品質レベル」低下が重なったときに冤罪事件が起こるのではないでしょうか?
当事者自身が一番よく分かっていると思うのですが、プライドの持てる仕事をしましょうよ!

冤罪事件を出すということは、それだけ真の犯罪者達にとってはやりやすいということです。治安の低下にもつながります。犯罪者達になめられますよ!

憤りと不安でやりきれません。
| 安全、危機管理 | 20:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
良く効く居眠り運転防止法
久しぶりにラジオの国会中継を聞きました。

昔からそうですが、野党の質問には必ずと言って良いほどちぐはぐな答弁を繰り返します。総理大臣に対して質問しているのに他の大臣が答弁したり、これを議長がとがめることなく流す。

本来・・・答弁する者は質問者に理解して欲しいという心が無くてはならないはず。・・・・全然感じられません。

質問する側のキレも今ひとつなので歯がゆいです。

そんなこんなでムカムカしてきて、眠気が吹き飛ぶわけです。(何時でも使えるわけではないのが残念?)

儀式のようなものでなく、単なる勝負でもなく、より良い結果を目指して真剣な議論を望みます。
| 安全、危機管理 | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | -
ネット利用時のセキュリティー確保
最近ネット環境変更に伴いのセキュリティーの見直しをいたしました。
セキュリティーが心配で高価なOSを買い求める方もおられるようですが???
それならプロバイダーの提供するサービスを利用するほうがずっと安くてマシンの負担も少なくてGOODではないでしょうか?
私の場合は今回光回線導入を機に、I.S.P.各社のセキュリティー関連サービスを比較してその結果でI.S.P.を決めました。やはりポイントは安さ、手軽さ、どれだけ安心できる行き届いたサービスであるかです。
| 安全、危機管理 | 02:11 | comments(0) | - | - | -
大事なEメールが届かない?
仕事上で毎日かなりのEメールをやり取りいたしますが、届かないだけではなくエラーメッセージも何も残らない事があることを初めて“確認”しました。

実はこのブログにコメントを書き込んでいただきますと、自動的に通知のEメールが届くようになっております。
数ヶ月前までは機能しておりました。最近数ヶ月の間届いていなかったようです。

思い起こせば、受け取るはずのEメールが届かなかった事が他にもあったのです。(発信者や受信者はやはり変化していないのに、それまで届いていたものがある日を境に届かなくなったのです。)

ほぼ100%の確かさで送受信できるものと勝手に思い込んでおりました。

対策その1.
メインのEメールシステムを別のものに移行します。(最初の負担は大きい。)
対策その2.
あて先のアドレスに2つ以上を利用します。(手軽にできます。扱うメールが多くなるとチェック作業が負担になってくる。)

追記(2月7日)
原因の一つとして思い当たったのが、メールサーバー側のセキュリティーシステムによるブロックです。少し昔はウィルスメールが送られてくると、その事実を知らせてくれていましたが、最近はそれが全くありませんので正しい対処がなされたのかどうか知る事ができません。間違った対処をされていても知る事ができません。

そういえば昨年こんな事もございました。
通常は瞬間的に届くEメールも原因不明で遅延することが。
当店サイトの見積依頼フォームでお客様が入力・送信してくださり、内容がEメールで届くはずでしたが、いまかいまかと待っても届かないのです。

試しに自分で送信してみたらやはり届きません。

サーバーの管理会社に問い合わせますと、正常に稼動してますとのこと。
数時間後でしたか翌日でしたか忘れた頃に“確かに”届きました。

参考になるサイトを見つけましたのでリンクを入れておきます。
http://internet.watch.impress.co.jp/cda/special/2006/11/09/13880.html

もう一つ
http://allabout.co.jp/career/corporateit/closeup/CU20060918A/index.htm

これらの記事を読んで思ったのは、Eメールがこれほどに素晴らしい特性と反面の危うさとを併せ持つのだから、メールサービスの開発に携わる人たちにはそれだけ大きな可能性・チャンスそして責任が待ち受けているということです。利用する側の私たちも良く理解して使う必要も改めて痛感いたしました。
| 安全、危機管理 | 22:55 | comments(0) | - | - | -
このページの先頭へ